日常がお祭り

日中。


夕暮れ。


夜。


いろんな国の人が集まるお祭りのよう。

Bangkok , Thailand 2007.3

Posted by Picasa

khaosan road


混沌。これも一つの魅力だと思う。
初めて訪れたのは、2006年3月の夜12時。
その時の衝撃と緊張は今でも覚えている。

Bangkok , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

light



全てを明るくするよりも、
少しの明かりがある方がいい。

Koh Samet , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

sunrise

東の空に太陽が昇って、
西に沈む。
その過程の下で生活する。
そんな意識、普段はないのだけれど、ここでは、太陽が常にあった。


Koh Samet , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

ビーチ☆サッカー


夕暮れのビーチ。
サッカーボールを追いかける。

Koh Samet , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

砂と水




小麦粉のようなサラサラした砂。

Koh Samet , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

パラソル

犬も日陰でのんびりしたいらしい。


Koh Samet , Thailand 2007.3

Posted by Picasa


何もしない贅沢。

Koh Samet , Thailand 2007.3
Posted by Picasa

何色?






Koh Samet , Thailand 2007.3 Posted by Picasa

初めて意識的に島に行った。
それは、タイのサメット島。




Koh Samet , Thailand 2007.3 Posted by Picasa

安宿のArt

イタリア人のおっさんが経営していたLido Gest House。
天井からぶら下がる裸電球と扇風機。
天井はペンキで赤く塗られていた。
水周り(トイレ、シャワー)からもれる、蛍光灯の陰影。

殺風景で独房に近い安宿の雰囲気を少しでも変えよう!という、
ちょっとした気配りを感じる部屋だった。







Bangkok , Thailand 2007.3 Posted by Picasa

ネオン


決して怪しい店じゃなかったと思うけど、なぜか照明の色が緑。

台北Taipei , Taiwan 2006.9 Posted by Picasa

台北

夜の台北。


台北Taipei , Taiwan 2006.9 Posted by Picasa

淡水2


異国の風景に溶け込む側になりたいね!笑

淡水Danshui , Taiwan 2006.9Posted by Picasa

淡水1

台北市民の憩いの場であり、夕日も鑑賞できる淡水。
MRT淡水線の最終駅。

毎日が夏祭りのような風景。







淡水Danshui , Taiwan 2006.9Posted by Picasa

サトウキビジュース


プノンペンのオールドマーケットの路上の屋台(?)。
サトウキビジュースを片手に休憩。
一杯500リエル(≒30円)。
この黄色いポットに入ってるジャスミン茶は飲み放題。

このサトウキビジュースのおっちゃんが、あんまりしゃべらないんだけど、
ずっと笑顔で、外国人とか関係なしに誰にでも謙虚に人に接していた印象。

屋台がどこにでもあって人が集まる。街に活気が生まれる。
こんな場面に溶け込んで、街を眺める時。
映画のキャストになったような錯覚。

Phnom Pehn , Cambodia 2006.9 Posted by Picasa

Mekong River

プノンペン郊外、メコン川に浮かぶ大きな中州の島。
(コッダイ)koh Dai。
のんびりした農村。
すごくいい所だと思った。








koh Dai , Cambodia 2006.8 Posted by Picasa